工務店で家を建てるならこれだけは知っておこう!基本から選び方のポイントまでご紹介!

このサイトでは、工務店とはどのようなところなのか、選ぶことで得られるメリットはどんなものか、大手のハウスメーカーとは何が違うのかなど、基本的な知識と選び方のポイントを説明します。
これから注文住宅を建てようと検討している人は、どこに依頼したらいいか迷っている人も多いでしょう。
家づくりには多額の資金が必要で、やり直しが難しいため慎重に検討することが重要です。
基礎知識を知り、後悔しない理想の家づくりを目指しましょう。

工務店で家を建てるならこれだけは知っておこう!基本から選び方のポイントまでご紹介!

工務店は、地域に密着した建設会社です。
ハウスメーカーと比較すると工務店は小規模で施工エリアも限られた範囲となっています。
そのため、何かあった時にもすぐに駆けつけることができ、柔軟に対応してもらえたり、ちょっとしたことでも相談しやすいことなどが工務店の強みと言え、基本的な特徴です。
工務店を選ぶメリットとして、設計の自由度が高いことや施工費が抑えられることがあげられます。
ハウスメーカーよりも、間取りや構造において融通がききやすく、広告費などがかからないので費用も抑えられます。
選ぶポイントは、経営状態の見極め、自主施工であるか、腕のいい職人が揃っているかなど確認する事がとても大切です。

家づくりで安心できる工務店の選び方

家を工務店で建てる場合、選び方が重要となります。
安心して工務店で建築するには企業の内容をまず見なくてはなりません。
企業内容に関して見る点は、自社施工かどうか、実績数はどの程度か、プランの提案力とコミュニケーション能力、技術力などとなります。
工務店はすべて自社で施工しているように感じますが、実際には契約のみを取り扱い、施工自体は下請け会社に任せてしまうところもあります。
自社施工であると家づくりに関しての責任はすべて工務店であると判断できますが、下請け会社に任せてしまっていると責任の所在があいまいになってしまいます。
また自社で家を建てられない会社は、アフターサービスも行ってもらえない可能性もあります。
実績数を見る際には自社で施工をしているかも確認するようにします。
このほかプランの提案力も見ます。
なんでもできると豪語する会社は安心して建てることはできません。
要望を聞きつつ、現実的でないものは代替案を提示するかも見るようにします。

完成後も安心できる工務店のアフターフォロー

一戸建ての住宅は工法等にもよって変わりますが、一定の耐用年数が定められています。
その戸建ての住宅を売却するのであれば、最も物を言うのがこの耐用年数によるところでしょう。
しかし、継続して住み続けるために大切な事は、その定められた耐用年数以上に日頃の手入れと管理になります。
建物を購入または新築した立場であったとしても、構造躯体に関しては決してプロではありません。
やはり、家を建築した工務店の定期的なメンテナンスや補修工事になるでしょう。
それ以上に建物の完成後に入居した時に、何か不具合があった場合に頼りになるのが工務店のアフターフォローになります。
竣工後に建物の確認に立ち会い問題がないものとし、引き渡しを受け入居しました。
実際の生活を営み始めて気がついた施工ミスや、契約内容と異なる部分に気がつく場合もあります。
その内容を伝えたとしても、竣工立ち合いで問題がないとなり引き渡しを受けたと言われては困ってしまうだけです。
アフターフォローがしっかりしている、これが安心して生活できる家を建てる工務店の大切な条件になります。

工務店を選定するときに気を付けたい注意点

工務店で注文住宅を考えた場合、どこにお願いをするかをまず考えます。
工務店を選定する際の注意点として見るところは、施工数や自社施工なのか、得意な分野が明確か、営業マンとのコミュニケーションが取れているかなどがあります。
施工数の多さは経営状況にも関係しており、多ければ多いほど経営状況が良いことになります。
つまり企業として安定しているということであり、施工後に倒産するリスクが少なくアフターメンテナンスもしっかりと行ってもらえます。
ただし施工数を見る場合は創業からの実績ではなく、年間施工数を確認するようにしてください。
また工務店によっては契約のみを行い、施工は下請けに丸投げするスタイルをとっている所もあります。
下請け業者に依頼をするということは余計な費用が掛かるということであり、さらに責任の所在もどこなのかわからなくなるリスクがあります。
トラブルなど何かあった時のために自社施工の工務店を選ぶようにします。

工務店の役割とハウスメーカーとの違い

これから家づくりを検討する人の中には、依頼や相談する業者選びで悩んでいるケースがあるかもしれません。
その点、家づくりに関する代表的な業者の1つに、工務店をイメージする人もいるはずです。
理想的な工務店を選びたいのであれば、その特徴や役割そしてメリットやデメリットなどについて、あらかじめよく理解しておくことが求められます。
まず工務店の特徴は、街中で小規模に経営しているケースが目立ち、地域密着型のサービスを提供している傾向が強いこと。
いわゆる大工さんと呼ばれる職人さんが、施主の希望やニーズに合わせながら、自由度の高い家づくりを得意とします。
また営業範囲が狭いことに加え、余計な広告宣伝費をかけることもないので、坪単価での建築コストを低く抑制しながら、比較的安い価格帯で家づくりや関連サービスを提供できる点も、見逃せないメリット。
まさにこれらは、大手ハウスメーカーとは大きな違いが目立つ、注目すべきポイントと言えるでしょう。

工務店に関する情報サイト
工務店のメリット

このサイトでは、工務店とはどのようなところなのか、選ぶことで得られるメリットはどんなものか、大手のハウスメーカーとは何が違うのかなど、基本的な知識と選び方のポイントを説明します。
これから注文住宅を建てようと検討している人は、どこに依頼したらいいか迷っている人も多いでしょう。家づくりには多額の資金が必要で、やり直しが難しいため慎重に検討することが重要です。基礎知識を知り、後悔しない理想の家づくりを目指しましょう。

Search